女性の体は変化にとても敏感・・・。

 

いつもと同じ化粧品なのに、顔につけるとしみる気がする…
普段より小さなブツブツが気になる…

 

女性の体は変化に敏感です。
生理前は特に敏感ですよね。
そんな生理前のスキンケアについて見ていきましょう。

 

 

ホルモンバランスが崩れやすい

 

女性の体はそれぞれの周期によってホルモンバランスが微妙に変化しています。

 

特に生理前2週間に入ると、黄体ホルモンが活発に分泌される時期です。
では黄体ホルモンが多くなると、肌にはどんな変化が起こるのでしょうか?

 

・皮脂の分泌が多くなる
・紫外線に対して反応しやすくなる
・肌が刺激に敏感になる

 

こうした変化が起こるために、いつもと同じ化粧品を使っていても刺激が強く感じたり、
赤いブツブツができてしまうことがあるのです。

 

 

スキンケアのポイントは低刺激。

 

この時期のスキンケアでポイントとなるのは、
肌に刺激を与えないこと。

 

そう、低刺激なスキンケアをすることがポイントです!

 


では低刺激なスキンケアとは具体的にどうするかというと、
この4つのポイントでまとめてみました!

 

低刺激スキンケア4つのポイント!

 

@刺激の弱い化粧品を使う


改めてそろえると大変かもしれませんが、敏感な時期にはやはり低刺激な化粧品が必要です。

 

化粧水だけでも敏感肌用に切り替えたり、クレンジングを使わないファンデーションを使うなど工夫しましょう。

 

お使いの化粧品に敏感肌用のラインがあれば、この時期だけ敏感肌用に切り替えるという方法もあります。

 

A油分を少なく、水分はたっぷりと

 

皮脂の分泌が多くなるので、過剰な油分は必要ありません。
普段はオイルをたっぷり使っていても、この時期は控えめにした方がいいでしょう。

 

しかし乾燥すると刺激に負けてしまいますので、水分はしっかりと入れたいですね。

 

そのため保湿は十分行いましょう。

 

BUVクリームはお湯でオフ

 

紫外線対策も必要です。

 

敏感になった肌細胞がメラニン色素を過剰に作ってしまうと、シミの原因になります。

 

ただし、この時期のUVケアには注意が必要です。

 

油分の多いUVクリームを使うと、
強いクレンジングで落とさないといけないので、肌への負担が多くなります。

紫外線の強い時期は水やお湯で落とせるタイプのUVクリームを選びましょう。
油分も少ないですし、きちんと落とせることでお肌の清潔を保つこともできますよ。

 

Cファンデーションなしで乗り切ろう

 

メイクをする時も同様に、油分を少なくしたいですね。
ファンデーションはあくまで薄くつけるようにします。

 

理想はこの時期だけファンデーションなしですが、実際は難しいですよね。

 

おすすめは基礎化粧品で肌を整えた後、
UVクリームをつけて、仕上げ用のパウダーのみをつけること。

 

油分が含まれないので、毛穴を塞がず肌の負担も少なくなります。

 

 

【生理前のスキンケアまとめ】

 

特に敏感になる生理前のスキンケアについて見てきましたが、いかがでしたか?

 

いつも通りが一番というわけではありません。
変化する肌状態に合わせて、臨機応変に対応することが大事ですね。

 

お肌の敏感な生理前…いつもと違うスキンケア4つのポイント!

 

 

ポイント@でおすすめの化粧水は、
やはり敏感肌用の代表と言ってもいい!
アヤナス化粧水です!

 

 

お試しできるおすすめの、
クレンジング不要のファンデーションなら、

 

レイチェルワイン
ミネラルメイクアップ トライアルセット

 

ETVOS(エトヴォス)
ミネラルファンデーション スターターキット

 

VINTORTE(ヴァントルテ)
シルクパウダーファンデーション

 

 

ポイントBでおすすめのUVクリームは、
NOV(ノブ)UVミルクEX

 

 

 

敏感肌用スキンケア アヤナス・トップページ

 

 

「個人の感想で効果を保証するものではありません。」